さくらづか治療院

サイトの説明文を記述します。

産後の骨盤矯正とは

産後の骨盤、開いたままではないですか?

このようなお悩みはありませんか?

・産後、骨盤の開き・ゆがみが気になる
・産後から体型が戻らない、お腹周りが太くなった
・産前のズボンが入らない・産後の腰痛で悩んでいる
・産後の骨盤矯正は何処に行ったらいいか分からない
・子供がいてなかなか治療に行けない
・育児の疲れがなかなか取れず、痛み・辛さを我慢している
・出産して時間がたってるけど大丈夫かな・・・

このようなお悩みがある方は是非さくらづか治療院にお越しください!
産後の痛みや不快な症状・骨盤の歪みを解消して、産前よりも健康的で快適な産後ライフを手に入れましょう!

産後の骨盤矯正をすると・・・

  • 産後の骨盤矯正をすると・・・

    驚きと喜びの声を多くの患者様から頂いております!

    ・産後の体調不良が回復して、家事・育児などが楽になった!
    ・動くことが辛かった腰痛がなくなった!
    ・股関節の痛みもなくなり安心して動けるようになった!
    ・産後の体重も減り、お腹周りがスッキリして、産前のズボンが入るようになった!
    ・産前よりも体調が良くなり、快適な育児生活を行えるようになった!

出産すると、どうして骨盤がゆがむの?

  • 出産すると、どうして骨盤がゆがむの?

    骨盤が開いた状態では、身体には様々な悪影響が起こります

    妊娠中に体内から”リラキシン”というホルモンが分泌されます。このリラキシンというホルモンの働きによって、骨盤の関節をはじめ全身の関節が柔らかくなり、骨盤が開いていきます。そして出産の時さらに骨盤は開きます。これは、赤ちゃんが産道を通る時に恥骨結合が緩み、骨盤を広げて産まれてくるからです。

    また、骨盤が開いてしまうのは、正常分娩だけではありません。帝王切開の方も妊娠中に”リラキシン”の働きによって骨盤は開いてしまっています。

    骨盤が開いた状態では、身体には様々な悪影響が起こります。例えば、産後からの体調不良、倦怠感、ストレスが溜まりやすくなる、ひどい時には日常生活が困難な腰痛を引き起こすこともあります。
    美容面においては、骨盤が広がることでお尻周りに脂肪が付きやすくなり、下半身が太って産前にはけていたパンツがきつくなります。

産後の骨盤矯正の3つの目的

産後の骨盤矯正によって、出産によりゆがんでしまった骨盤を出産前の状態に戻す事と、出産後の日常生活や家事・育児に不自由のない快適な生活を送ってもらえるように全力でサポートいたします。

具体的には以下の3つを目的に産後の骨盤矯正を行います。
目的
1 腰痛や股関節痛などの解消
2 骨盤の開きを正常な位置へ戻し、正常な骨盤のバランスに改善
3 全身の筋肉バランスの改善し、骨盤のゆがみが起こりにくいカラダ作り
  • 産後の骨盤矯正の3つの目的

    上記の3つを目的に産後の骨盤矯正を行っていきます

    さくらづか治療院では、独自の検査方法を行うことで正確に骨盤のゆがみをチェックし、矯正の必要の有無と、矯正方法を考えていきます。そして、患者様一人ひとりの体の状態に合わせた最適の施術方法で骨盤矯正を行い、骨盤を正しい位置に持っていきます。さらに、エクササイズ指導やストレッチ指導を行い、「骨盤がゆがみにくいカラダ作り」をサポートしています。

北摂(豊中市・吹田市・箕面市・池田市)伊丹市の産後の骨盤矯正はさくらづか治療院にお任せ下さい!
無料託児付きですのでお子様連れでも安心して施術を受けていただけます。

お問い合わせはこちらへ・・・
このページの先頭に戻ります
インターネット特別割引!!
はじめての方へ
産後の骨盤矯正
訪問リハビリマッサージ
訪問リハビリマッサージ/在宅 無料体験
お問い合わせ
患者様の声


ご予約優先となります
大阪府豊中市中桜塚2-20-10
サンリッチビル2F
06-6855-8290
詳しくはこちらをクリック
さくらづか治療院/外観写真
予約優先/06-6855-8290
お知らせ